google-site-verification: googled3dd70944d5b072b.html
So-net無料ブログ作成
検索選択

短所が長所に見えてくるコツ 『リフレーミング』のススメ [アンガーマネジメント]

こんにちは。いなっちです。

昨日のブログでは院庄保育園でのアンガーマネジメント講座について報告でしたね。

昨日のブログをご覧になった方で、気づかれたかたもいらっしゃったかもしれませんが

講演中の私の写真画質が悪いんです。
IMG_0025.JPG

写真はいつもアシスタントの妻にお願いしているのですが、新しく買い換えたスマホで使ったカメラアプリの設定が悪くてこうなってしまいました。

家に帰ってブログに写真を入れるときに

私「なんで、iPhoneに元々ついてるカメラアプリ使わんの?画質いいのに。この写真じゃ使い物にならんわ」

妻「そこまで言わんでもいいじゃん」

言った後、ちょっと言い過ぎたなと反省。

アンガーマネジメント講演で叱り方についてもお伝えした私。

「なんで?は原因追及になるからよくないですよ」

と自分で言っておきながら、妻へ言ってしまっているのです。

あ~、情けない。まだまだですね。

反省を次に活かせるようにしたいです。

完璧な人間なんていませんから。

人間は一生未完成なんですよ。

自分が未熟ということは、まだまだ成長できる。

自分には可能性が無限大!

こうやって短所を長所にとらえる『リフレーミング』を意識して生活していると、自然と元気も出てきます。

さて、お待たせしました。

子育て支援サイトConobie(コノビー)での私の投稿記事が更新されました。
Conobieバナー3.png
今回のタイトルは
『アンガーマネジメントを知れば夫婦関係が良くなる?妻のイライラを解消するために我が家でやっていること』

ぜひご覧ください。こちら→https://conobie.jp/article/2774

人気ブログランキング参加中
クリックのご協力お願いします
↓ ↓ ↓ ↓

人気ブログランキングへ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:資格・学び

イライラで悩んでいるママパパたちへ 解決のヒントをお伝えします [アンガーマネジメント]

こんにちは。いなっちです。

昨日、岡山県津山市にある社会福祉法人院庄保育園様で保護者対象のアンガーマネジメント講演を90分で行ってきました。

FullSizeRender (4).jpg
IMG_0024.JPG

今回はワークを多く取り入れ、笑い声が多い楽しい雰囲気の講演となりました。
IMG_0026.JPG

参加されていた保護者の皆様の反応がとてもよく、私自身も楽しみながら90分をすすめることができ、とても満足しています。

今回の感想を紹介します。

稲田先生の話は聞き取りやすく笑いもあって楽しかったです。
毎日、仕事・家事・子育てに追われてイライラすることも多かった私ですが、これからは怒りを上手にコントロールしながら、子どもと接していきたいと思います。
とりあえずイライラ・怒りの温度をはかることから始めていこうと思います。
先生のブログをぜひ見てみますね。
今日はありがとうございます。

今は後追いが激しくて、泣いて追いかけてきます。台所に立つと泣いて食べ物をくれとせがんできます。その度にイラつき、イラつくときには普段怒らないことも怒ってしまっていたなと反省しました。
つい自分のペースに物事を進めたくて抱っこを後回しにしていましたが“今しかないこと”と意識して、いっぱい抱っこしてあげようと思いました。

悪いところばかり注意し怒っていたように思い、気づかされました。
少しずつ自分をかえれたらなあ~と思います。
今までは自分のことを一番にしていましたが、子どものことを一番にし。イラ×2を減らしていけたらと思います。

子どもに対して、同居している家族に対して、仕事に対して、大変参考になりました。
根本的に自分で自分をしめつけて疲れが出ていることはよくわかっていますが、たまにはやめてみても良いんだ、枠組みを外す、べきをかえる、という視点でにこやかに過ごしていけたらと思います。
子どもに対して、お母さんの子どもで良かった~とか、育て方が私の孫の代にまで伝わっていけたら良いなあと思います。
今日の学びを参考に日々過ごせたらと思います。
講演が聞けて、楽しい時間を過ごすことができました。

今まで関心はあったけれど、聴く機会がなかったので今回とても楽しみでした。
内容もわかりやすく、今日からやってみたいことも多かったです。
毎日毎日怒ってばかりで、自分が嫌になることも多々あったので、少し冷静に自分自身と向き合うきっかけになりそうです。
あっというまの1時間半でした。ありがとうございました。

感想を読んでいて思ったことが

イライラや怒りで悩まれている保護者のかたがとても多い

ということです。

アンガーマネジメントの必要性をとても感じました。

怒りを大切な家族をぶつけることのない世の中にしたい

特に保育園や幼稚園の親御さんへもっと知ってもらいたいです。

アンガーマネジメントは子育てを始める前や始めたときに知っておくと、必ず役に立ちます。

もっともっと、若いママ・パパへ伝えていきたいですね。

今日の講演を終えてアシスタントをしてくれた妻からうれしいひとこと。

「今までの講座で一番良かったよ」

妻からのこの一言で、さらに自信がみなぎったのでした。

院庄保育園の職員の皆様と保護者の皆様、貴重な時間をいただき大変ありがとうございます。

人気ブログランキング参加中
クリックのご協力お願いします
↓ ↓ ↓ ↓

人気ブログランキングへ

Conobie(コノビー)での私の投稿記事はこちら→https://conobie.jp/article/2740
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

あなたは大丈夫? 知らず知らず人を怒らせているかもしれません  [アンガーマネジメント]

こんにちは。いなっちです。

昨夜は教え子が同窓会的な飲み会を開いてくれました。

本当にありがたいことですね。

私が岡山県の教師として新採用で赴任し3年間持ち上がった学年で、3年生のとき担任した生徒たちです。

みんな34歳となり、しっかりとした社会人や親としてがんばっています。

20年ぶりに会う生徒も多かったので、昔話に花が咲きました。

当時の私
IMG_1869.JPG

こんな頃があったんですねえ。

当時、私はよく怒っていたそうです。

話を聞いているとたいしたことでもないのですが

えらい怒っていたと言われました。

私は全く覚えていないんです。

さらに参加していた一人から衝撃的発言。

「私が進路を決めるとき、進路変更をしたいと言ったら先生は『ムリなものはムリだ』と怒られて、させてくれませんでした。だから先生のことが嫌でした」

私はそんなことを言ったとは全く記憶になく

その生徒に合った進路先を見つけることができて良かったという記憶しか残ってないのです。

だからとってもショックでした。

当時の私は教師になりたてで

とにかく生徒からバカにされないようにとか

生徒を自分の力でコントロールしたい

という気持ちが強かったと思います。

恥ずかしいですが、教師としては未熟で今とは正反対の指導をしていました。

もし生徒が進路変更を希望してきたら、今ならしっかり話を聴いて生徒の意志で決めさせます。

自分の人生は自分で決める

なんてことを今は生徒へ言っています。

ところが若い頃は違っていたんですね。

もう自分の記憶からは自分の嫌な部分は消えかけていたのですが

教え子たちのおかげで記憶をよみがえらせることができ

こうやってブログを書きながら、あらためて当時の反省をすることができています。

反省を今後の教師人生へまた活かしていきたいです。

怒りは持続することがあります。

ですから、自分ではなにげなく言ったことでも

他人には深く心に刻まれていることもあるのです。

自分は怒っていなくても、人を怒らせてしまっていることもある。

自分のひとことで、生徒の人生を左右する。

このことを忘れずにこれからも教師として、アンガーマネジメントファシリテーターとして成長していきたいです。

同窓会を開いてくれた教え子のみなさん、とっても楽しい時間をありがとう。

さて今日はこのあと、岡山県津山市の院庄保育園で保護者向けアンガーマネジメント講座を行ってきます。

怒りで後悔しない人生

怒りで後悔しない子育て

一人でも多くのかたが、幸せな生活となるように頑張ってきます!

人気ブログランキング参加中
クリックのご協力お願いします
↓ ↓ ↓ ↓

人気ブログランキングへ

Conobie(コノビー)での私の投稿記事はこちら→https://conobie.jp/article/2740
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

あなたは一貫性がありますか? パーソナルブランドを築くには

こんにちは。いなっちです。

8月25日のブログでパーソナルブランド考え方ついて書きました。
そのときのブログはこちら→http://inatti.blog.so-net.ne.jp/2015-08-24

FullSizeRender (2).jpg

考え方は3つに分かれます。

①主体性
②一貫性
③関係性

今回は②一貫性と③関係性について説明します。

まず一貫性について。

一貫性とは

自分の働き方と生き方が一致している人

ビジュアルも服装も全てひっくるめて一致している人のこと。

一貫性のある人には信頼を寄せます。

しかし教師ように子どもの見本となる立場の人が、見本にならないことをすれば信頼を失います。

逆に考えれば、アンガーマネジメントファシリテーターの私が、仕事でもプライベートでも怒りをコントロールして過ごしていれば、さすがだなと信頼を得ることができます。

このように人は一貫性があることはとても大切です。

次は③関係性

自分探しをするだけでは、パーソナルブランドは作れません。

自分からどんどん自分の強みを発信する。

発信すれば周りからの期待が集まる。

期待が集まれば、それに応える。

発信→期待が集まる→期待に応える→信頼

こうやって期待に応えるたびに、信頼は積み重なっていく。

この信頼の積み重ねが、ブランド力になるわけです。

私がブログを書いているのも

自分の強みを発信することで、読んでくれるかたから期待をいただき、それに応えるという信頼の積み重ねをしているんだということに気づかされました。

明日土曜日は、岡山県津山市の院庄保育園の保護者向けにアンガーマネジメントの講座を行います。

講座をすることも、自分の強みを発信し信頼の積み重ねとなってきています。

そしてもっともっと信頼の積み重ねが高くなっていくよう、頑張ってきます!

人気ブログランキング参加中
クリックのご協力お願いします
↓ ↓ ↓ ↓

人気ブログランキングへ

Conobie(コノビー)での私の投稿記事はこちら→https://conobie.jp/article/2740
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

親が満足する子どもを育ててませんか? それって本当に子どものためなのか [子育て]

こんにちは。いなっちです。

2学期がスタートした学校も多いかと思います。

夕食中、次男との会話。

私「この夏休みはどうだった?オープンキャンパスで行きたい大学にさらに行きたくなった?」

次男「う~ん、っていうよりも、自分の視野が広がった」

私「どういうことで?」

次男「名古屋大学のオープンキャンパスで大学院生の人と話をしていて、理系だから、文系だからってこだわらず、自分のやりたい勉強をしたほうがいいっていわれたから」

私「なるほどね」

次男「今まで自分が興味ある物を限定しすぎていたと思う。一つのことしか見れてなかったというか」

私「へえー、いいことに気づいたなあ」

次男「話はかわるけど、お父さんは【守・破・離】って知っとる?」

私「知っとるで。武道で使われる言葉だろ」

次男「そう。自分だけのオリジナルのものを創り出すには、まずは先人たちの創りだしたものを自分のものにしないとだめで、基礎を押さえてこそ、応用へたどり着けるんだってこと」

私「どうしてそういうことを思ったの?」

次男「数学の問題解くときに、公式にこだわらず自分の考え方を使おうとしていたら、先生が『公式は昔の人が考え抜いて創り出したすごいもの。まずはこれがちゃんと使えるようにならないと新しい解き方にはつながらないよ』って言われたことがきっかけ。ピカソだって、基本的なデッサンや描き方マスターしてから自分の表現方法を見つけたんでしょ?だから、ますは基本をきちんと自分のものにしなきゃいけないと思ったんだ」

いやあ、深く物事を考えられるようになったんだなあと感心しました。

オープンキャンパスで自分から大学生に声をかけて、情報を仕入れ、さらに自分のものにしていたんですね。

勉強机の横にはこんなものも貼ってあります。
IMG_1863.JPG

次男は運動は得意でないですが、どんなことでも精一杯やる子です。はっきり言って器用じゃないので、一つのことを身につけるのにとっても時間がかかります。

けれど親がそこをわからず「もっと早く」とか「不器用だなあ」なんて言って育てていたら、こんな深い考えをする子どもにはならなかったかもしれませんね。

自分の勉強したいこともはっきりしてきているようです。
IMG_1865.jpg

親は子どもをコントロールしたい、コントロールできると錯覚を起こしがちです。

「子どものためだから」

と親がすることって、本当に子どものためになっているのか?

親が満足する子どもを育ててはいないか?

時々、再確認をしておくことが大切です。

子どもが自分に自信を持てる子どもを育てたいものです。

育てるって言うより、見守るって言うほうが私はしっくりきます。

今年の夏は子どもの成長を肌で感じた夏でした。

人気ブログランキング参加中
クリックのご協力お願いします
↓ ↓ ↓ ↓

人気ブログランキングへ

Conobie(コノビー)での私の投稿記事はこちら→https://conobie.jp/article/2740
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

心を軽くするコツ 家族が心のコップを察してくれること [アンガーマネジメント]

こんにちは。いなっちです。

大学生の長男が夏休みを利用して帰ってきています。

スマホの調子が悪くなったので機種変更したいとずっと言っていたのですが、名義が私なので帰省したときしかできません。

ついでに妻のスマホも長く使っていたので、一緒に機種変更。

まずはS社へ。

妻と長男はN社ですが、私がS社なのでS社へ乗り換えするつもりでした。

乗り換えの際には、今使っているN社へ連絡します。

そのときに解約料金や今まで貯まっていたポイントを教えられ

「えっ!?そんなに解約料金かかるの?ポイントこんなにあったの!?」

ということになり、とりあえずN社へ行ってみることに。

いろいろ説明聴いてみました。

料金プランの変更などすれば、乗り換えするのとそんなに大きく変わらない費用だったので、結局今まで通りN社で機種変更に決定。

二人ともリンゴ社の「私電話六号」に。
IMG_1858.JPG

それにしても時間がかかりました。

S社に行ってN社ですべて手続き終わるまで3時間半。

途中からだんだんとイライラを感じていました。

今日は今週末にある保育園でのアンガーマネジメント講座の準備をして、ブログやコノビーの記事を書こうと予定していたのですが、それができそうにないからなんです。

私のイライラするパターンは

・自分の予定していたとおりにいかない
・自分の自由に使える時間が削られる

ということがあります。

アンガーマネジメントを身につけていなかった頃だったら、間違いなくイライラ感をあからさまに出していたことでしょう。

「今日じゃなくて、土日にしておきゃよかったのに!」

なんてことを言ったに違いありません。

だから考えました。

長男の『べき』と私の『べき』は似ているんですよ。

『欲しいものが買えるとわかったら、すぐにでも買いに行くべき』

なんですよね。

長男の気持ちがよくわかるので今日連れて行ってやろうと思ったのです。なのにそれを忘れてイライラ感をだしてはいけないとすぐに考えました。

妻も私の心のコップへ

「疲れた」「いつまでかかるの」「腹減った」

といったネガティブ感情が溜まっているのを察してくれて

「ごめんね。時間とってくれてありがとう」

と声をかけてくれるので、穏やかにすごせることができました。

さらに担当してくれた女性のかたは、とても丁寧に調べて長時間手続きを行ってくれました。

結局閉店後の店内に残っていたのは私たち家族のみ。こんなに遅くまでかかっても、嫌な顔もせず対応してくれることを思うと、イライラする自分がちっぽけに思えてきました。

家に帰って、長男に設定してもらう妻。
IMG_1859.JPG

うらやましそうに見ている私。
IMG_1862.JPG

私は新しいものに興味をもつのが好きなので、先日も新たなスキルを身につけたわけです。

勉強しに行きたいと言うと

「言ってきたら?」

と快く言ってくれる妻に本当に感謝です。

さらにこのブログを書いている私に「お父さんありがとう」と言って肩を揉んでくれる長男にも感謝です。

人気ブログランキング参加中
クリックのご協力お願いします
↓ ↓ ↓ ↓

人気ブログランキングへ

Conobie(コノビー)での私の投稿記事はこちら→https://conobie.jp/article/2740Conobieバナー3.png
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

あなたが自分の人生に満足しない理由 その答えは主体性 [アンガーマネジメント]

こんにちは。いなっちです。

先日受講した『パーソナルブランド・アドバイザー・2級認定講座』について。
その時のブログはこちら→http://inatti.blog.so-net.ne.jp/2015-08-23

23日のブログで、パーソナルブランドの土台となる3つの考え方を簡単に紹介しました。

①主体性
②一貫性
③関係性

そこで今日は①主体性について説明します。

あなたは毎日の生活の中で、次のどちらに時間を割いていますか?

①コントロールできないもの

②コントロールできるもの
FullSizeRender (1).jpg
出典:一般社団法人日本パーソナルブランド協会

このブログを読んでくださっているかたには、ピンっときたかもしれませんね。

「あれ?アンガーマネジメントでも同じこと考えてたぞ」

そうなんです。

アンガーマネジメントですと

コントロールできることなら、いつ・どうやって・どの程度を決めて怒っていい。

コントロールできないことなら、具体的で現実的な対処方法を考えましょう。

って、何度も言ってきましたよね。

ではパーソナルブランドの考え方についてですが

コントロールできないものは

他人の欠点、他人の評価、他人の行動、過去の出来事・・・など。

コントロールできるものは

自分の考え方、自分の行動、未来・・・など。

主体性のある人は、自分がどちらに時間を割いているかを知っています。

主体的の反対は、反応的。

反応的な人は常に何かに反応して、受動的な生き方をしています。

よく言う言葉が

「~だからできない」「~のせいでできない」

といった言い訳ですね。

主体的な人は自分でコントロールできるものに関心を持っています。

言い訳をしません。

だから主体的な人は自分の運命を変えられるのです

アンガーマネジメントでも同じで

変えられないことに力を注いでもどうにもならない。

どうにもならないのに、変わらないからさらに腹が立つ。

変えられないことよりも変えられることに力を注ぎたい。

時間を使っていきたいですね。

自分の未来は自分でコントロールしたい。

そこでいなっちは『パーソナルブランド・アドバイザー・1級認定講座』を受講します。
IMG_1856.JPG

昨日申し込みをしました。

ワクワクします。

人気ブログランキング参加中
クリックのご協力お願いします
↓ ↓ ↓ ↓

人気ブログランキングへ

Conobie(コノビー)での私の投稿記事はこちら→https://conobie.jp/article/2740Conobieバナー3.png
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:資格・学び

コミュニケーション力を高めるには コミュニケーションカードの活用

こんにちは。いなっちです。

昨日は博多から新大阪へ移動。
IMG_1823.JPG
目的は『コミュニケーションカード活用アドバイザー認定講座』の受講です。

簡単に言えば、コミュニケーションカードの使い方をマスターする勉強。
IMG_1826.JPG

じゃあコミュニケーションカードって何?

トランプのようにスペード・ハート・ダイヤ・クラブの4種類に分かれていて、それぞれ13枚ずつあります。

トランプと違うのは、カードそれぞれに人の行動の特徴や個性をあらわす言葉が書かれているところです。

こんな感じです。
IMG_1848.JPG

いろんな使い方があるのですが、これを使うといろんな発見や気づきがあるのです。

目的は大きく3つ

①自分自身を理解し、自分を活かしきるために
②人との違いを理解し、自分も相手も活かしきるために
③気軽に楽しみながら、人にも自分自身にも興味を持って

トランプのように楽しみながら学べるんですよね。

今回の講座では自分自身について深く考えられましたし、参加者の皆様から私自身についてのあらたな気づきをいただける、とても深イイ学びの時間となりました。

ちなみに私が自分に対して大切にしたいことをカードの中から13枚探してみると

こんな風になりました。
IMG_1828.JPG

13枚の中で、自分らしさや自分が大切にしたいことをさらに2枚選びます。

それが真ん中2枚のカード。

・相手の気持ちをくむのが上手い人
・目立つことが大好きでほめられるのが大好きな人

この2枚にしました。

しかし最後に参加者の皆様から私の良いところを1枚、こうすればもっといいとおもわれるアドバイスを1枚出していただくと

良いところは

・結果を出すためにチャレンジすることやりがいを感じる人
・新しいことにワクワク取りかかれる人
・色々なことに興味を持ち好きなことには夢中になれる人(2枚)

アドバイスは
・目立つことが好きでほめられるのが大好きな人(2枚)
・自分から積極的に働きかけ気軽に話ができる人
・論理的で専門性が高いことが大好きな人
・周りの人との合意がとれているかが常に気になる人

自分では自分を「目立つことが好きでほめられるのが大好きな人」だと思っていました。

だから講演などでも、受講者に笑ってもらったり喜んでもらえるとすごくうれしいです。

けれど、今回のように初対面の人の中に入ると、周りの様子をうかがいながら自分を出していくので、講座が終わる頃にやっと自分らしさを出したり、ときには出し切れなかったりすることに気づきました。

また、初対面の人に対してどこかで人見知りをしているんでしょうね。

受講者の方からは「最初ちょっと壁を感じた」と言われました。

「あー、そうなんだ。そう思われているんだ」

と自分が気づかないことに気づくことができ、すごくありがたかったですね。

もっともっと自分磨きをしていこうという気持ちになりました。

参加された皆様、本当にありがとうございます。

そして、遠路はるばる東北仙台から大阪へ来られて、この講座を開催してくださった

後藤美香トレーナーには、心より感謝申し上げます。
後藤トレーナーから認定書をいただくいなっち
IMG_1837.JPG
にっこりツーショット
後藤さんと.jpg
コミュニケーションカードは、私のアンガーマネジメント講座の中や学校現場で使えそうな場面がいろいろと考えられます。

言葉で自分の気持ちを上手く表現できなくても、自分の気持ちにぴったりくるカードを選ぶことはできますよね。

今後どう活用していくか、まずは妻にも体験してもらって検討していきたいと考えています。

さて、一昨日の『パーソナルブランド・アドバイザー・2級認定講座』と今回の講座は本当に充実した内容でした。

今後の自分自身の生き方を深く深く考えることができました。
IMG_1847.JPG

いなっちはまだまだ進化し続けます!

人気ブログランキング参加中
クリックのご協力お願いします
↓ ↓ ↓ ↓

人気ブログランキングへ

Conobie(コノビー)での私の投稿記事はこちら→https://conobie.jp/article/2740
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

あなたの強みは何? 自分ブランドを考えることの大切さ [アンガーマネジメント]

こんにちは。いなっちです。

昨日は福岡県博多市で

『パーソナルブランド・アドバイザー2級認定講座』
IMG_1822.JPG

を受講してきました。

パーソナルブランドとは

他者に期待されている自分ならではの魅力

なんです。

「いなっちと言えば、○○○!」

とだれもが言えるようになるといいわけです。

例えば松田聖子さんと言えば

「永遠のアイドル」

というわけです。

ブランド=約束

期待通りの価値を提供してくれるのがブランドなんですね。

ブランドの語源は、牛の焼き印なんです。

Burned=焼き印を押す

から来ているようです。

他の牛と違う焼き印を押しておかないと、多くの牛の中で埋もれてしまいますよね。

価値観が多様化する現代において、自分の軸をしっかりさせておく必要があるわけです。

そこで大切なのが

主体性・一貫性・関係性

なのです。

これを細かく説明するのは、今回はやめますが

本当に自分ブランドを考えるよい機会となりました。

午後は自分クレドを考えたのですが

クレドとは『信条』

自分の行動信条であり、自分だけの成功ルールを考えたのです。

そのために必要な3つの情報考えました。

1.ビジョン
何を実現したい?どんな自分になりたい?
2.バリュー
何を大切にする?どのように行動する?
3.ミッション
何のために存在する?自分の役割は?

これらをじっくり考えました。

私のミッションは

『人に笑顔を与える』

『笑顔になれる人を増やす』

『怒りをぶつける人をなくし、怒りの連鎖を絶ちきる』

ということになりました。

今回は自分に向き合えたことと、さまざまな目的を持った方々と交流を深めたことに、すごくよかったと思っています。

主催者の 立石 剛 様 大変ありがとうございます。
IMG_1819.JPG
立石さんとのツーショット。

さらに、参加された方との懇親会で福岡と熊本でアンガーマネジメント講座を開くことになったのも感激です。ありがとうございます。

そして、今回の講座を受けて私は『セミナーコンテスト』へ出場してみたいという思いがとても強くなったのです。

自分の可能性をさらに広げていきます。

自分の強み、自分らしさを活かしていきたい!

これを再確認した、最高の一日でした。

さらにうれしいことが。

子育て支援サイトConobie(コノビー)から依頼された記事が投稿されました。

ぜひ多くの方に見ていただきたいです。

テーマは『怒りのピークは6秒!子どもにイライラした時に冷静になるアンガーマネジメント』
こちら→https://conobie.jp/article/2740

人気ブログランキング参加中
クリックのご協力お願いします
↓ ↓ ↓ ↓

人気ブログランキングへ

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:資格・学び

奇跡か?必然か? あなたの怒りは必要のないことかもしれません [アンガーマネジメント]

こんにちは。いなっちです。

今日は福岡県博多市へ来ています。

目的は『パーソナルブランドアドバイザー2級認定講座』の受講です。

どんな内容かは、また後日報告しますね。

そのために昨日は仕事を終えて、JR在来線に乗るために妻に車で送ってもらったのですが

家を出ていきなりの四つ角で、一旦停止を無視して行く原付の若い兄ちゃん。

1台目はまだこちらを気遣って、ゆっくりいってくれました。

こちら側は一旦停止の必要がないのですが、妻は徐行してたので余裕で停車。

でも2台目はこちらが止まっていることをいいことに、まったく無視で一旦停止もせず通過。

おまけに2台目は原付に二人乗りで後部座席の兄ちゃんノーヘル。

私の怒りのスイッチオン。

「なんじゃこいつら!ふざけやがって」

私ひとりでイライラ爆発。

そしてしばらくその余韻を残したまま妻へ向かって

「こっちが待たずに行けばいいんだって。向こうが一時停止なんだから」

それに対して妻は

「事故したらなんにもならないじゃない。いくら向こうが一時停止だろうと、止まる保証はないでしょ」

さすが妻です。そのとおりです。

私はバイクや交通ルールの『べき』が強いので、ついついこういうことになってしまいます。

なさけないですね。

妻に言われた後

「そうじゃな。あのバイクの兄ちゃんを変えられないし、変えられないことに怒ってもしょうがないもんな」

と言って気持ちも落ち着きました。

そして在来線に乗って岡山駅へ。

久しぶりのJR津山線。
IMG_1812.JPG

岡山駅で降りた後、新幹線へ乗るのですが、降りた後どうやっていくのか初めてだったので、そのことで頭がいっぱいでした。

時間も遅いので、早めに博多へ行きたかったのです。

急いで降りてホームを早歩きで進み、エスカレーターに乗るか?階段を上るか?

エスカレーターは人が並んでいたので、階段へ。

並んでいる人の前を横切ろうとしたとき、スーツケースを持った人とぶつかりそうに。

「オッと危ない」

と思った瞬間、スーツケースを見た私の脳内は急に記憶を取り戻したのです。

「俺のスーツケースは!?」

持ってません。

「しまった、忘れた!!!」

青ざめました。

先程の列車は、次の目的地へ行きます。

乗車しようとならんでいる人の間を

「すいませーん」

と大声でかき分けながら入っていくと、ありました。

荷物棚の上にスーツケースが。
IMG_1815.JPG

しかし、ホッとする暇はありません。

発車直前です。

ギリギリセーフで車外へ出られました。

もう、ほんとにドキドキしましたし、もしスーツケースに気づかなかったと思うと・・・。

なにか見えない力が私を気づかせてくれたのかも?って、あとから考えると思います。

とにかくいまはホッとしています。

ありがとうございます。

もうこの言葉しかでてきません。

こうやって博多へ来られたことは、きっとなにか意味あることだと思って、今日は精一杯 勉強してきます。

原付の兄ちゃんにイライラしていることなんて、どうでもいいことに思えた出来事だったのでした。

人気ブログランキング参加中
クリックのご協力お願いします
↓ ↓ ↓ ↓

人気ブログランキングへ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び