google-site-verification: googled3dd70944d5b072b.html
So-net無料ブログ作成
検索選択

思春期のイライラへの対処術 中学生高校生にアンガーマネジメント  [アンガーマネジメント]

おはようございます。いなっちです。

今日はPM12:00からのエフエムつやま(78.0)『お茶楽気らんちBOX』へ出演させていただく日です。

そわそわしています。

さて来週の講座のお知らせです。

岡山県真庭市勝山にある勝山文化センターでおこなわれる勝山公民館講座

中高生限定『アンガーマネジメント体験教室』
11537719_774684599314752_6529440438931174823_n.jpg
中高生の頃って、人間関係に悩むことが多いです

なにかとイライラすることも多いですよね。

だからこそ中高生のみなさんにぜひ参加していただきたいです。

以前おこなった中学校での講演の感想を2つ紹介します。

先生の話はおもしろくて、わかりやすかったです。今まで嫌なことがあったとき、どうしたらいいのかわからなかったけど、今回の話を聞いて、どうしたらいいのかわかりました。人それぞれ価値観が違うので、自分の考えを相手に押しつけるのはよくないと思いました。少しの違いは許せるよう、心に余裕を持って生活したいと思いました。怒ってもいいけど、きちんとルールを守ろうと思いました

今日の授業はこれから大人になっても、ずっと必要なことだということがわかりました。怒ることはあまり良くないことなんじゃないかなと思ってましたけど、悪いことではないんだなと思いました。最近イライラすることがたくさんあるので、しっかり勉強になりました。今日勉強したことは親にもしっかり伝えたいと思いました。

これらの感想のように、中高生でアンガーマネジメントを学んでおいて損はしません。

それどころか、自分の怒りの感情をコントロールできれば、人や環境のせいにしない生きかたができ、どの未来にするかを自分で決められます。

この講座は学校の授業みたいな堅苦しい内容じゃないです。

参加していただいた中高生の皆さんが、笑顔で帰ってもらえるような気楽な講座にするつもりです。

中高生のお子様がいらっしゃる親御さん、お子様へいかがですか?

人気ブログランキング参加中。クリックよろしくお願いします。
  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

人気ブログランキングへ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

アンガーマネメントを広めます Conobie(コノビー)へ エフエムつやまへ [アンガーマネジメント]

おはようございます。いなっちです。

とってもうれしいことがありました。

Conobie(コノビー)という、子育て中のママパパやこれから子育てを始めるママパパが子育てに関する情報を得られるメディアを運営している会社から連絡があったのです。
Conobieのホームページはこちら→https://conobie.jp/

その内容は
「コノビーのライターとして協力してもらえないか?」
ということでした。

担当者の方が私のブログを読んで、掲載したい記事内容にとても合っていると思われたそうです。

私もコノビーのサイトを見たところ

ママパパの子育ての悩みや、夫婦関係のストレスを軽減するような記事がとてもたくさん掲載されていました。

これを見れば、夫婦関係をよりよくするヒントになったり子育てのサポートになったりと、とっても役立つサイトです。

そこへ私の記事を載せていただけるなんて

感謝感激です!

子育てや夫婦関係にアンガーマネジメントをもっと役に立ててほしいと思っていたので

ライターとして登録することにしました。

1ヶ月に4~5本の投稿になる予定です。

今まで書いてきたブログの内容をもとにしたりして、記事を考えていこうと思います。

記事の投稿についてはまだすぐにはムリですが、初投稿したときにはこのブログでもお知らせしますね。

このブログを読んでいらっしゃる皆様、ぜひご覧になっていただければ幸いです。

ウキウキしてきますね。

ほかにもウキウキしていたことなんですが、以前お知らせしてたラジオ出演が、明後日31日金曜日に迫ってきました

初の夫婦でラジオ出演です。

番組は、エフエムつやま(78.0)『お茶楽気ランチBOX』

放送時間はPM12:00~12:30

エフエムつやまホームページ→http://www.fm-tsuyama.jp/

パーソナリティは小西智恵己さん。

手芸店をご主人と営みながら、特定非営利活動法人子育て交流支援の代表理事を務められています。

小西さんは以前私の「パパママのためのアンガーマネメント」講座へ参加され

アンガーマネジメントが子育て支援などに大変有効だと感じ、夫婦でアンガーマネメントのことをラジオでアピールしてほしいと言ってくださりました。

大変ありがたいことです。

地元のローカルFM放送ですが、インターネットでもライブ放送で聴けますので、ぜひどうぞ。

スマホのかたは、「TuneIn Radio」というアプリをダウンロード(無料)・インストールすれば聴けます。

さらにアプリを立ち上げて、地域→アジア→日本→岡山を選択すれば次のような画面が出てくると思います。
名称未設定 1.jpg

果たしてうまく話せるのか?いなっち夫婦。

がんばります!

人気ブログランキング参加中。クリックよろしくお願いします。
  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

人気ブログランキングへ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

夫婦が上手くいくコツ 合い言葉は「アンガーマネメント」 [アンガーマネジメント]

おはようございます。いなっちです。

昨日のブログは私の見方だけで書きましたので、逆の妻の立場から今日は考えてみます

昨日のブログ→http://inatti.blog.so-net.ne.jp/2015-07-27

私と妻の昨日のやりとり
妻:「なんで雨戸が開いてるのよ!」
と強めに言ってきたので
私:「感情をぶつけない別の言い方はないかな?ちょうど感情を言葉で伝える大切さをブログに書いてるとこじゃけえ」
妻:「やかましいわ(笑)」
と笑いながら一言言ってから
妻:「雨戸が開いてることに気づかないなんて、とっても悲しいわ」
と言ってくれました。

さて、妻の立場を考えてみますと

朝から研修資料づくりをし、風呂の用意から夕食作り・洗濯・翌日の弁当の下ごしらえをして、居間の雨戸がまだ開いていたわけです。

心のコップには

「疲れた」

というマイナス感情の水でいっぱいになりかけていたはずです。

さらに誰も気付かず、私と子どもたちがそれぞれ好きなことしてダラっとしている。

「誰も手伝ってくれずむなしい」

というマイナス感情の水が、妻の心のコップへ注ぎ込まれ

コップの水がかなりいっぱいになってたんでしょう。

だから「なんで雨戸が開いてるのよ!」

という言い方になったわけなんです。

でも妻も、私が一日仕事をして帰っていることを知っているから

私や子どもたちにイラッとしても

6秒間待って、少し気持ちを落ち着かせて言ってくれたんです。

さらにその後のやりとりで

「感情をぶつけない別の言い方はないかな?」

なんて私から言われたから、さらに心のコップに水が注ぎ込まれて

「やかましいわ!」

と言いながらも妻は笑っていたんですね。

普通ならブチギレてもいいところです。

きっとこのブログを読んでくださっている主婦の皆様なら

「イラつくわぁー!」

と思われたことでしょう。

でもそこを、笑いながら答えてくれた妻。

心のコップが大きいんです。

妻には本当に感謝してます。
IMG_1458.jpg
夫婦でアンガーマネジメントを学んでおくことは、とても役に立ちます。

夫婦やカップルの会話で

「今度の休日、アンガーマネジメントの勉強行こうよ」

なんて会話が、いろんなところで聞かれるような世の中にしていきたいです。

人気ブログランキング参加中。クリックよろしくお願いします。
  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

人気ブログランキングへ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

あなたはどっち? 怒りをぶつける? 怒りをことばで伝える? [アンガーマネジメント]

おはようございます。いなっちです。

先日の島田妙子さんの講演についてです。

本当に素晴らしい講演だったので、一昨日のブログへ書ききれなかったんです。

島田さんの講演については
こちら→http://inatti.blog.so-net.ne.jp/2015-07-25

島田さんは講演の中で

「気持ちを言葉で言うトレーニングが必要」

と言われていました。

私もアンガーマネジメントの講座をするとき、同じようなことを言います。

講座の中でよくするのが

怒りのボキャブラリーゲーム

怒りに関する熟語や表現をどれだけ言えるかを競うのですが

これがなかなか思い浮かばないんですよね。

激怒・怒気・憤慨・むくれる・へそを曲げる・業を煮やす・怒声を張り上げる・・・。

などなど、これ以外にもまだまだあります。

怒りを表現する言葉っていっぱいあるんですが、ほとんど知らないです。

特に最近の若い人たちは

普通
IMG_1617.jpg

ムカツク
IMG_1620.jpg

キレる
IMG_1621.jpg
の3段階。

日々の生活ではもっといろんな感情があるはずですよね。

体罰をやってしまった教員の原因の多くに

「言葉でうまく言えなかった」

ということがあります。

私たちは言葉によって行動を決めています。

子どもだけでなく、大人も言葉を知って

感情を言葉で上手に伝える努力をしていきましょう。

このブログを書いているとき

「なんで雨戸が開いてるのよ」

と妻が誰も閉めていないことを強めに言ってきたので

「感情をぶつけない別の言い方はないかな?ちょうど感情を言葉で伝える大切さをブログに書いてるとこじゃけえ」

と私が言うと

「やかましいわ(笑)」

と笑いながら妻は

「雨戸が開いてることに気づかないなんて、とっても悲しいわ」

と言ってくれました。

私たち夫婦なら、こうやって冗談で交わし合うんですが

アンガーマネジメント知らない頃の私なら

「そんな言いかたせんでも、閉めてと言ってくれたら閉めるのに!」

と逆に怒りをぶつけていたでしょうね。

感情のコントロールと感情に合う言葉選び。

大切ですね。

人気ブログランキング参加中。クリックよろしくお願いします。
  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

人気ブログランキングへ 島田妙子さんの本です
e love smile ~いい愛の笑顔を~ memory.1 (PARADE BOOKS)

e love smile ~いい愛の笑顔を~ memory.1 (PARADE BOOKS)

  • 作者: 島田 妙子
  • 出版社/メーカー: パレード
  • 発売日: 2011/07/20
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
e love smile memory.2 〜いい愛の笑顔を〜 (Parade books)

e love smile memory.2 〜いい愛の笑顔を〜 (Parade books)

  • 作者: 島田 妙子
  • 出版社/メーカー: パレード
  • 発売日: 2011/09/20
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:資格・学び

あなたがイライラしないための予防策 心のコップを空っぽにする方法 [アンガーマネジメント]

おはようございます。いなっちです。

昨日のブログで島田妙子さん講演について書きました。
昨日のブログはこちら→http://inatti.blog.so-net.ne.jp/2015-07-25

その島田さんがご自身のブログで、私たち夫婦やブログを紹介してくださってます。

島田妙子さんのブログ
『くるくるミラクル 幸せくるくる』
こちら→http://e-love-smile-e-jet.at.webry.info/201507/article_26.html

ぜひご覧になってみてください。

島田妙子さん、本当にありがとうございます。

昨日の講演へ行ってみると、私が以前講師をさせていただいた

「子育てパパママのためのアンガーマネジメント」
その時のブログ→http://inatti.blog.so-net.ne.jp/2015-06-07

に参加してくださっていた受講者のかたと再会することができ

「私はあまりお笑いとか見ないんですけど、お笑いなんかよりよっぽどおもしろかったです。また講座をうけてみたいです」

そんなとてもうれしい感想や、別の方は

「児童館でお母さん向けにアンガーマネジメント教えてもらえないですか?」

というあらたなお話までいただくことができました。

人とのつながりに感謝感謝です。

さて今日は「childフェスティバル ワークショップ&ハンドメイド」

というイベントへ妻と行ってきました。

その会場に出店していたK.E.M.I.Companeyさんのブースで、妻はアロママッサージ、私はタロットセラピーを体験。

タロットカードは自分の直感で過去・現在・未来の3枚のカードを自分で選ぶのですが、過去・現在はなかなか「ズバリ!そのとおりでしょう」という説明をうけました。

さらに今後2~3年の未来については『女帝』というカードが出て、自分のやりたいことを直感的にどんどんやっていったほうがよいと言われ、すごく自分に自信が持て気分のよいひとときとなりました。

そして家に帰って昼食後、先日の吹奏楽コンクール地区大会で敗退したため、今日は部活動がなかった末娘が

「ドライブいきたい」

と言ったので、鳥取の海へ次男も連れてGO。

娘から父親へドライブへ行こうだなんてめったにありませんから、もうハイテンション!!

海を見たいというので鳥取の白兎海岸へ。因幡の白ウサギの舞台になった場所です。
IMG_1608.JPG
この写真の小さな島から鮫の背中を伝って白ウサギは渡ったらしいです。
IMG_1597.JPG
泳ぎはしませんでしたが、高校2年の兄と中学3年の妹がなんとも楽しそうに海に足をつけてはしゃいでます。
IMG_1599.JPG
心から幸せな気持ちになれました。

その後「アメリカへ行ってみたい」という冗談を言った次男のために

アメリカ本土までは行く時間がなかったので、ハワイへ。
IMG_1615.JPG
美容室まで看板が「ハワイ」

温泉もあるんです。
IMG_1614.JPG
IMG_1610.JPG
ハワイにある道の駅へ寄ると、アロハ大市場!?
IMG_1611.JPG
IMG_1612.JPG
スイカがいっぱいありました。
わかる人にはわかるハワイです。

今日のブログはなんだかとりとめのない内容。

「内容がないようでおもしろくないよー」

と寒いダジャレまで言われそうですが

今日のように、午前中タロットカードで自分の気持ちを落ち着かせたり

午後はめったにない娘や息子とのドライブで心をいやしたり

こういうことを時々おこなって

心のコップにたまっているマイナス感情を抜いてやる。

それが怒りやイライラのもとをためないことへつながるんですね。

怒ることは悪くないですが

怒る必要のないことまで怒らないようにするために

日頃から心のコップを空っぽにしておく努力をしていきましょう。

人気ブログランキング参加中。クリックよろしくお願いします。
  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

人気ブログランキングへ 島田妙子さんの本です
e love smile ~いい愛の笑顔を~ memory.1 (PARADE BOOKS)

e love smile ~いい愛の笑顔を~ memory.1 (PARADE BOOKS)

  • 作者: 島田 妙子
  • 出版社/メーカー: パレード
  • 発売日: 2011/07/20
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
e love smile memory.2 〜いい愛の笑顔を〜 (Parade books)

e love smile memory.2 〜いい愛の笑顔を〜 (Parade books)

  • 作者: 島田 妙子
  • 出版社/メーカー: パレード
  • 発売日: 2011/09/20
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

虐待から子どもも親も救う アンガーマネジメント [アンガーマネジメント]

おはようございます。いなっちです。

昨日は津山男女共同参画センター「さんさん」で、大変すばらしい講演を聴かせていただきました。
IMG_1578.JPG
幸せって何だっけ?
~被虐待の淵を生き抜いて~

講師は
IMG_1579.JPG
島田妙子さん

一般社団法人 児童虐待防止機構 理事長
株式会社イージェット 代表取締役CEO
兵庫県児童虐待対応専門アドバイザー
一般社団法人 日本アンガーマネジメント協会認定アンガーマネジメントファシリテーター

肩書きもすごい方なのですが、お話がすごかったんです。

自らの壮絶な虐待経験をお話しされました。

島田さんは4歳の頃、両親の離婚で兄二人と共に児童養護施設に入所していました。
7歳の時に父の再婚で家庭に戻りましたが、継母と実父による虐待を小学校2年生から6年間受け続け、中学校2年生の時の担任の先生が虐待に気づき、両親から引き離してもらえたことで救われたそうです。
父が再婚して間もない頃は継母もなんとか子どもたちのためにと一生懸命がんばっていたそうです。
しかし、子どもたちも「今日からこの人がお母さん」と言われても戸惑いますよね。若い継母にとっても、いきなり3人の子どもの母親役は大変な負担だったのでしょう。
そんなある日、しんどさでいっぱいいっぱいだった継母が、島田さんの頬を
バチーンと一発叩きました。
きっかけはささいな出来事だったそうです。
叩かれた島田さんと継母の目があった瞬間、継母は一言
「なんやその目、文句言いたいんか!?」
つい反射的に、上塗りの言葉を発してしまったんです。
そして、帰ってきた実父に対し、継母は叩いてしまった自分を正当化するように、言いました。
「今日から悪いことをしたら、厳しく叩いていくから」
そしてその日から虐待を受ける毎日が始まったわけです。
実父もだんだん仕事から帰る時間が遅くなり、継母のストレスは溜まる一方。
帰ってきた実父へ
「こいつら(子どもたち)今日はこんなんだった」
と帰ってきた実父へイライラをぶつける毎日。
次第に実父にも人格否定するような言葉をぶつけるようになっていったそうです。
ついにガマンの限界にきた実父は恐ろしい表情になったそうです。しかし、
その怒りは継母へは向かわず、子どもたちに暴力という形でぶつけられました。
ここから両親による虐待が毎日、中学校2年の時まで続いたそうです。
風呂へ顔をつけられ、死を覚悟したこともあったと。
人生の転機となったのが中学校2年生の担任の先生との出会い。
27歳で産休明けだった女性教師。
島田さんの様子がただごとではないことに気づき、両親を学校へ呼んで
「虐待してるでしょ。言い訳は許しませんよ!」
と両親へ言ってくれ、その後養護施設で暮らすことになります。
中学校を卒業してから、18歳のときに24歳離れた現在のご主人と出会うのですが
結婚後も義父母の介護、かんしゃくの強い長男の子育てなどで、島田さん自身が心身へ大きな不調を抱えていかれます。
当時のことを島田さんは「くれない病」と言われました。
私だけがなんでしんどい思いをしなくちゃいけないのか?
だれも私を助けてくれないという強い思い。
ある日泣きわめく長男を義母が「このきちがいの口をどうにかしろ」の一言に、ついにキレた島田さんは、長男の口と顔を押さえました。
島田さんは自己嫌悪になって1人で布団をかぶって小さい子どものように泣きわめき、気がついたら寝てしまっていたそうです。
その後島田さんは長男へ謝りました。
この日を境に義父母や長男ともうまくいくようになったそうです。

島田さんは講演の最後のほうで

アンガーマネジメントの重要性を訴えられました。

ご自身も私たち夫婦と同じアンガーマネジメントファシリテーターです。

島田さんは次のように言われました。

「イライラや怒りは喜怒哀楽の一つで誰もが持っている感情です。怒りが軽いうちに、自分の気持ちを伝えることが大切です。怒りがたまってパンパンになったときに、人へ伝えると爆発して傷つけてしまいます。だから、怒ることをみっともないとか、押さえつけてしまうことはダメで、怒りを感じた時にどんな態度をとるかが大切です。そして気持ちを言葉で言うトレーニングが必要です。」

本当にそのとおりですね。

ますますアンガーマネジメントの大切さを感じさせてくださりました。

今回の島田さんの講演は、ご自身の思い出したくもないつらいご経験を伝えていただき、虐待で苦しんでいる子どもも親も救っていきたいという熱い思いがつたわる、素晴らしい講演でした。、とても勉強になりましたし、思わず途中で涙があふれ出しそうにもなりました。

さらに最後に、私たち夫婦の紹介までしていただき、本当にありがとうございました。。
IMG_1580.JPG
そのおかげで、講演終了後参加者のかたで名刺交換もさせていただけましたし、私のアンガーマネジメント講座やアンガーマネジメントファシリテーターという資格に対しても興味をもってくださる方もおられました。

島田妙子さん、本当にありがとうございました。

人気ブログランキング参加中。クリックよろしくお願いします。
  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

人気ブログランキングへ 島田妙子さんの本です
e love smile ~いい愛の笑顔を~ memory.1 (PARADE BOOKS)

e love smile ~いい愛の笑顔を~ memory.1 (PARADE BOOKS)

  • 作者: 島田 妙子
  • 出版社/メーカー: パレード
  • 発売日: 2011/07/20
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
e love smile memory.2 〜いい愛の笑顔を〜 (Parade books)

e love smile memory.2 〜いい愛の笑顔を〜 (Parade books)

  • 作者: 島田 妙子
  • 出版社/メーカー: パレード
  • 発売日: 2011/09/20
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(4) 
共通テーマ:資格・学び

吹奏楽コンクールもアンガーマネジメント [アンガーマネジメント]

おはようございます。いなっちです。

昨日は岡山県吹奏楽コンクール北東地区大会でした。

我が家の末っ子、中3娘の最後のコンクール。
IMG_1570.JPG
我が家は長男・次男も吹奏楽部へ入っていました。

毎年この時期は親子共々、吹奏楽コンクール中心に生活しているんですよね。

吹奏楽コンクールは、野球で言えば甲子園をめざすようなものです。

どこの中学校も必死です。
IMG_1569.JPG
娘の腕には、気持ちを一つにするための友達からのメッセージ。

この北東地区からは、12校中4校しか県大会へ行けません。

審査結果の発表が何度味わっても、ドキドキなんです。

金・銀・銅で評価されます。

金は銀と聞こえ方が似ているので

「ゴールド金賞」

と言われます。

娘の中学校は「ゴールド金賞」

キャーという喜びの歓声。

しかし、これで安心はできません。

金賞の6中学校の中から、県大会への推薦校が発表されます。

名前が呼ばれません。

県大会へ出られない!?

初めての経験。

親としてもショックですが、子どもたちからは悲痛な叫び声や泣きわめく声。

ムリもありません。

今日の演奏は今までで最高の演奏だったのですから

今までがんばってきた子どもたちの悲しみ、痛いほどよくわかります。

記念撮影で会場の外へ出てきた多くの生徒がまだ泣いていました。
P1060061.jpg
どんなに努力をしても、思い描いたとおりにならないことはあります。

長い人生では、そのようなことのほうがいっぱいあるかもしれませんね。

人が審査することですから、聴いてくれている審査員が納得できる演奏でないといけないとてもシビアな世界です。

カラオケの採点機と違って、審査員によってはとらえ方の違いも出てきます。

だから、審査員のことをどうのこうの言っててもしょうがない。

それならば、どんな審査員が来ても納得できる演奏をしなければいけない。

どんなに悔やんでも現実をかえることはできません

こんなときこそ、アンガーマネジメント

「チクショー!悔しい!!」

という怒りを、次へのモチベーションへ変えて

変えられない結果にいつまでもこだわるのではなく

次に控えている定期演奏会や来年のコンクールへ向けて

現実的で具体的な対処方法を考え行動することが大切です。

一番いけないのは

審査員がどうのこうの・・・、出演順がどうのこうの・・・など

他人や環境のせいにすること。

人のせいにしない生き方をぜひしていってほしいです。

さて、今日のご褒美に回転寿司へ家族でいきました。

口いっぱいに寿司をほおばり笑顔の娘。

心配ご無用、気持ちはもう次のことへ移っていました。

人気ブログランキング参加中。クリックよろしくお願いします。
  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

人気ブログランキングへ
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

イライラは自然な感情 言うことを聞かない子どもへの対処法 [アンガーマネジメント]

おはようございます。いなっちです。

昨日のアンガーマネジメント講座で

「仕事上子どもと関わる事が多く、イライラしてはいけないのに、どうしても思うようにいかずイライラしてしまいます。怒る必要のあること、怒る必要のないことをしっかり見極めていこうと思いました」

という感想をいただきました。

イライラはしていいですよ。大丈夫です。

イライラや怒りの感情はだれでも感じる感情です。

もし怒りを感じないということならば、喜びを感じないといっているようなものです。

感情はだれにでも起こる自然なことですので

自分にわきおこった感情をどのように扱うのか

それが大切なんですよね。

以前、ブログで書きましたが

人の行動は

『行為 思考 感情 生理反応』
全行動.jpg
の4つにわけられます。

『感情』と『生理反応』は誰でも自然に起こります。

これって、コントロールは難しいですよね。

でも『行為』と『思考』は

自分しだいでコントロールできます。

これは『選択理論』という心理学の考え方です。

このことについて詳しく知りたいかたは
こちら→http://inatti.blog.so-net.ne.jp/2015-05-08

ですから、イライラしてもそれは自然な感情として受け止め

その後の対応をアンガーマネジメントの方法で冷静に考えてもらえるといいですね。

また、講座でお伝えしたアンガーログなどで自分のイライラするパターンを知っておき

このパターンは腹を立ててしまうから、ちょっと別の行動をとってみよう。

といった予防策も考えられるようになると、さらにいいですね。

幼稚園の先生方は、子どもを思うように動かせずイライラすることも多いことと思います。

子どもは大人が思うように行動しないのがあたりまえ。

私は中学生を普段相手にしていますが

中学生は言うことを聞かないのがあたりまえ。

と思ってやっています。

だから、素直に指示を聞いてもらえるだけで

「ありがとうございます」

という気持ちになれます。

そう思えるのも、過去に反発されたりしんどい思いをしたことがあるおかげです。

自分に起きたしんどい出来事も、そう思えばとってもありがたい出来事ですね。

この幼稚園の先生もきっと、今の苦労もありがたい経験として役に立つのではないでしょうか?

これもいつか役に立つという思いで、がんばっていってください。

さて今日は娘の吹奏楽コンクール地区予選。

明日へ向けて、家で練習する娘。
IMG_1568.JPG
がんばってきたこと全てを出し切ってこれるといいなあ。

人気ブログランキング参加中。クリックよろしくお願いします。
  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

人気ブログランキングへ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

やまとなでしこもアンガーマネジメント 自分が変わればまわりも変わる [アンガーマネジメント]

おはようございます。いなっちです。

今日は岡山県奈義町職員女性の会「やまとなでしこの会」で
IMG_1566.JPG
アンガーマネジメント講座をさせていただきました。
P1060020.jpg
P1060021.jpg
仕事を終えてからの18:30から20:00まででしたが、25名ものかたが参加してくださりました。

遅くなったにもかかわらず、最後に感想まで書いていただき大変感謝しています。

その感想の中でこのような質問がありました。

質問 奥様へ
だんなさまのイライラは
アンガーマネジメントをされだしてから
本当におさまりましたか?
父が短気でいらんこと言いで困っています。
治りますか?

妻からの回答です。

「イライラをおさめる」と言うか、「イライラの感情を周りにぶつける」ことは、とっても減りましたよ。
「よく考えたら怒るほどのことではないな」とか「物事が思うようにならなかったら、いろいろ方法を考えて、行動に移していこう」とか、イライラを感じた時の対処方法が上手になりました。
お父様が短気でお困りとのことですが、今日の講座で夫が言っていたとおり、アンガーマネジメントは自分を変えるツールで、人を変えるツールではないので、他者がお父様の短気を治すことはできません。
でも、お父様の心の中に、「疲れた」「寂しい」など「第1次感情」がたまっていないかな?お父様の「べき」は何かな?どんな場面で怒りやすいかな?と観察してみると、お父様の違う面が見えてくるかもしれません。
そして、あなたの見方が変わることで、お父様が変わってくる可能性は十分あります。 ただ、聞き流せる程度の事なら良いのですが、家族が本当に嫌な思いをしている場合、あなたの「許せない範囲」の事であれば「その言葉は傷つく」「大きな声は嫌だ」など、自分の感情に蓋をせず、お父様に伝えることをお勧めします。言われて気づくこともあると思いますよ。

質問ありがとうございます

いかがだったでしょうか?参考になったでしょうか?

アンガーマネジメントは自分を変えるツールとして、ぜひ活用してみてください。
P1060023.jpg
私は確実に変わったと自信を持って言えます!

人気ブログランキング参加中。クリックよろしくお願いします。
  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

人気ブログランキングへ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

子育てから仕事まで アンガーマネジメントは幸せ生活のコツ [アンガーマネジメント]

おはようございます。いなっちです。

昨日ある保育園の先生から突然の電話。

「先月の男女共同参画講座でのアンガーマネジメント講座のチラシを保育園でも配布し、それで稲田先生のことを知ったのでお電話させていただきました。急なんですが来月8月29日土曜日に、保育園の保護者向けにアンガーマネジメントの講座をしていただけないでしょうか?」

休日なので、喜んで引き受けさせていただきました。

一昨日のブログから2回連続、子育てについて考えてきました。
一昨日のブログはこちら→http://inatti.blog.so-net.ne.jp/2015-07-19
昨日のブログはこちら→http://inatti.blog.so-net.ne.jp/2015-07-20

乳幼児期の親の接し方が子どもの基本的信頼感に大きく影響すると書きましたよね。

だから私はできるだけ早いうちに、親御さんへはアンガーマネジメントを伝えたいなあとずっと思っていたのです

ですから今日の電話は本当にうれしかったですね。

現在、別の保育園からも保護者向けアンガーマネジメント講座の依頼を2件いただいています。

子どもへ怒りをぶつける子育てから、笑顔をあたえる子育てになるようがんばります。

さて、フェイスブックへちょうど1年前の7月21日こんな画像を投稿していました。
10540833_1442968829302010_3203310264923641310_n.jpg
「人を数人集めるのでアンガーマネジメントを教えてほしい」

と知人から頼まれエアロバイクをこぎながら、講座の内容を一生懸命頭へ入れていたのでした。

このとき私はアンガーマネジメントファシリテーターの資格は取ったものの

まだ人へアンガーマネジメントを教えたこともなく

果たしてうまく講座をすることができるのだろうか?

そんな状態で暇さえあれば、こうやって頭へたたき込んでいたのでした。

このときは、その年の10月に勝山公民館講座でのアンガーマネジメント講座を控えていただけで

まさかこんなにいろんなところで講座や講演をさせていただけるようになるとは、想像もしていませんでした。

さまざまな人との出会いから、どんどん広がっていくことに

心から感謝申し上げます。

そして今日は、某自治体職員の女性の会「やまとなでしこの会」
やまとなでしこ.jpg
アンガーマネジメント講座をさせていただきます。

女性だけの研修会ということで

ドキが胸胸しています

おっと、あまりの緊張感でまちがえてしまいました。

楽しい講座になるよう、がんばってきます!

人気ブログランキング参加中。クリックよろしくお願いします。
  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

人気ブログランキングへ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び